つなぎ資金の融資の受け方を学び、会社を回そう!

つなぎ資金として融資を受けるためのつなぎ資金の正しい理解について解説します。

会社を経営するとなればジャンルを問わず色々とお金がかかります。例を挙げると、「人件費」、「税関係費用の『固定資産税など』」、「光熱費」、「設備費用」などです。

これらの費用を払うには、会社としてお金を稼がなければいけません。

しかし中には、お金を稼いでも、その売り上げが売掛金取引として後から入ってくることのほうが多くなります。

例えば、2018年の3月~4月にかけて行った仕事の売り上げが、半年後に入ってくる、などのケースです。

こういったケースだと、売り上げが入ってくるまでの間は、上記で紹介した費用の支払いに困ることがあるかもしれません。

一生懸命に会社を経営していても、こういったケースのせいで経営が難しくなれば、悲しいことだと思います。

しかし、このような困った状況を解決する方法として「つなぎ資金の融資」が1つの選択肢としてあります。

このつなぎ資金の融資を受けることができれば、上記の困ったケースでも解決することができ、結果、会社が回ります。

以下では、そのつなぎ資金の融資の受け方をいくつか具体的に紹介しています。

それでは、ご覧ください。

つなぎ資金の融資の受け方

つなぎ資金を考えた場合に出てくる融資についてですが、これは会社のピンチを救う手立てです。これを受ければ、つなぎの資金に困ることがなくなるでしょう。

まず、会社が融資を受けることを考えた場合の方法は、主に2種類あります。それは、「負債」と、「株主資本」です。

今回は分かりやすいように、中心的に「負債」を紹介したいと思います。

以下で、その負債による資金調達の方法を3つほど記載しています。

銀行からの融資

銀行から融資を受けるためのポイントをいくつか紹介します。一つは、地元密着型の銀行が良いでしょう。これは、銀行がより親身に相談に乗ってくれるからです。

次に、信用保証協会の保証付き融資を利用することです。これは、債務者が返済不能になった場合に、協会が銀行に対して借金を立て替えるので、銀行にとっては貸し倒れのリスクをなくすことができます。

これにより、借りやすくなるのです。次に、希望融資額と、なぜ融資を受けたいのかの目的を明確に設定して、銀行に伝えることです。

さらには、税関係の支払いも滞納してはいけません。これは、会社の信用力にかかわります。そして、決算書も提出する必要があるので、上手に作成しなければいけません。

申し込み時期についても、有利になる時期が存在します。それは、3月・9月・12月です。最後に、申し込む際には、銀行との信頼関係を構築しておくことも大事です。

細かい手順を踏んで行っていけば、成功すると思います。

国民政策金融公庫

ここを使えば、銀行のように、起業したばかりの会社ではあまり貸してくれない、といったことが少なく、事業計画書と必要な手続きをするだけで、「無担保・無保証」という内容で借りられる可能性があります。ですので、起業したばかりの会社には、とても優しいのです。

ですが、これとは対照的に、この機関で審査内容が難しい融資制度も存在します。それは「新創業融資制度」です。

このことからも、国民政策金融公庫を利用する場合は、自社の目的とマッチした融資制度を利用することが良いと思います。

個人投資家を通して、出資を受ける方法

個人投資家とは、個人で会社などに対して出資を行い、手助けをしてくれる人だと考えておいてください。

そして、個人投資家から出資を受けるには、個人投資家がいるマッチングサイトを利用することが、一つの方法としてあります。

個人投資家から出資をしてもらう場合は、その投資家の「人となり」も大切だと思います。

会社の経営に困った際に、会社を回すためのつなぎ資金を考えると、方法はいくつか存在し、今回では3つほど出てきました。

そのうえで、目的を達成できるやり方を選んで実践することが、大切です。

つなぎ資金の融資についてまとめ

今回は会社経営を行っていく中で、売り上げが仕事を行った後から入ってくるなどのケースで、経営に困った場合の救済案として、「つなぎ資金の融資」を受けることを紹介しました。

会社をやりながら、つなぎ資金の融資を考えた場合には、主に2種類存在しました。その2種類とは、負債と株主資本です。

そこで、今回焦点を当てた融資を受ける方法が、負債です。

負債による融資を受ける方法では具体的に3つほどあり、一つ目は銀行からの融資、二つ目は国民政策金融公庫からの融資、三つ目は個人投資家からの出資です。

これら三つの方法の中で、目的を達成できる方法を選び実践することが、つなぎ資金の獲得においては大切なことになります。

さらに、今回では紹介しませんでしたが、親戚、友人、家族などからお金を融資してもらうといった方法もあります。

この場合では、自分の会社の事業計画書を見せ、返済の保証を立てることが重要です。そのうえで、資金問題について相談をしなければいけません。

しかし、注意点として覚えておかなければいけないのが、しっかりとした「金銭消費賃借契約書」を交わしておかなければ、後々トラブルに発展するかもしれないということです。

特に、親しい仲の人とのお金のやり取りは、慎重になった方が良いのは間違いありません。

 

資金調達関係の参考記事

法人、企業様の資金調達方法など、様々な情報がまとまっているサイトがあります。

参考になりますのでよろしければどうぞ。

https://shikinguide.com/guide/