ファクタリングによる売掛金の現金化

売掛金が現金になって入金されるまでには時間がかかりますが、ファクタリングを利用すると、売掛金をすぐに現金化することが可能になります。資金繰りが苦しくすぐに現金が必要な時には、売掛金を売却する方法による資金調達をおすすめします。

資金繰りが苦しくなる原因

売掛金が増えてしまうと、当面の資金繰りが悪化することがよくあります。企業にとって売掛金は将来の収益源ですが、売掛金ばかりが増えてしまうとキャッシュフローが悪化してしまい、最悪の場合は黒字倒産を招いてしまいます。キャッシュフローを改善するには、売掛金を減らして現金を増やすことが必要です。

ファクタリングの特長

ファクタリングを簡潔に言うと、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。手形割引とよく似ていますが、三社間ファクタリングだと手形割引のような不渡りのリスクはなく、万一、売掛債権が焦げ付いても保証義務は発生しません。また、手形割引は不渡りのリスクがあるため審査が厳しく、保証能力がないと判断されてしまうと融資を断られてしまいます。

ファクタリングは手形割引とは異なり、売掛債権という債権を買い取ってもらう資金調達の方法です。よって、売掛債権が焦げ付いてしまっても保証義務はなく、確実に現金を受け取ることができます。また、ファクタリングは債権買取ですので、会社の信用度よりも売掛債権の信頼性を重視します。そのため、赤字企業や税金を滞納しているような会社でも審査に合格して資金調達をすることが可能です。

売掛金の即日現金化も可能

 

手形割引による資金調達は審査に時間がかかりますが、売掛金を買い取ってもらう方法だと即日現金化も可能です。もちろん、金融機関と継続的に手形割引の取引を行っていると、すぐに手形を割り引いてもらえますが、これから新たに金融機関と手形割引の取引を始める際には、2週間から3週間程度の審査時間が必要になり、必ずしも審査に合格するとは限りません。その点、ファクタリングだと最短でその日のうちに売掛金を現金にすることができますので、急いで現金が必要な場合は大変有利です。

最後に

以上のように、ファクタリングは手形割引よりもスピーディーに資金調達をすることができますが、銀行融資や公的融資等と比べてもスピーディーな資金調達が可能です。また、お金を借りるのではなく、売掛金という債権を買い取ってもらうため返済義務もありません。ノンバンク系のビジネスローンの中には即日融資が可能な場合がありますが、ビジネスローンでお金を借りると将来の返済が大変です。よって、ファクタリングはあらゆる点で非常に有利な資金調達の手法であると言えます。