売掛金を確実に回収すれば会社の資金繰りはうまくいく

会社を経営していると、売り上げ目標にばかり目が行き、売掛金の回収は後回しになっていませんか?

売掛金とは、帳簿上にだけ発生している、未集金の売り上げのことです。法人相手の商売は、現金が販売時点で回収されることはほぼありません。会社を経営していくには、この売掛金をうまく回収してあらかじめ回収不能に陥らないように防御することがとても重要になります。

売掛金を確実に回収できると、会社の資金繰りも上手に管理することができ、安定した会社の経営を行っていくことができます。資金繰りに影響を与えない売掛金の回収のコツを紹介したいと思います。

末入金額をチェックし売掛金をしっかり把握する

得意先ごとに売掛金の発生と回収ができているか必ずチェックし、現時点での未入金額がしっかりとわかるように、繰越金額がある書式などで細かく管理をするようにしましょう。

売り上げ回収を上げるには初期の行動こそ大事

支払い期限になっても売掛金を入金しない場合、ほとんど、時間が経過すればするほど、回収するのが難しくなります。

いつまでも、支払い期限をのばして待っていると、売掛金は消滅時刻があるので、売掛金が消えてしまう場合があるので、十分に気をつけて下さい。

法律上の売掛金の時効は2年なので、支払い期限がすぎたら、できるかぎり早めの支払いの話し合いをし、解決できるように進めていきましょう。

内容証明を使って督促をする方法、メリット

うまく話し合いが進まなかったり、約束した支払いに応じない場合、内容証明を送ることができます。

内容証明は、法的根拠となり、請求書を受けとっていないなどの水かけ輪を回避することができます。

内容証明郵便は、6ケ月間時効をのばすことができ、内容証明によって、相手側が支払いに応じてくれる場合もあります。

売掛金回収をおろそかにしていると、資金繰りが悪化して色々なリスクが発生してきます。これから自分の会社が大きく成長して行った場合、どんどん取引先も増え、売掛金も大きく増えていきます。

売掛金が回収できなくなって困ってから対策をするのでなく、回収で困らないように、売掛金の回収不能のための心がけをしておくことが大切になります。

いきなり貸し倒れになれば、会社の経営に大きく影響を及ぼすので、売掛金の回収について知識をしっかり持っていると、いざ回収ができなくなったとしてもすぐに行動を起こすことができるので安心です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です