売掛金を売却して事業資金を速やかに調達

事業資金は、時には不足してしまう事もあります。売掛金が、なかなか入ってこない事もあるからです。先方の都合で、なかなか入金されない事もあるでしょう。

売掛金はすぐに支払われるとは限らない

売掛金とは、何らかの仕事を行った結果、支払われる予定のお金を指します。いつ頃にそのお金が支払われるかは、総じて先方の都合に左右されるのです。

それで先方の状況によっては、必ずしも直ちに入金されるとは限りません。相手側の都合によっては、やや時間がかかる事もあるのです。

早く支払われないのは困る

しかし会社としても、様々な資金調整の問題があります。時にはどこかに対してお金を支払う事もありますから、先方からの支払いが遅くなりますと、少々困ってしまうケースも多々あるのです。

そうかと言って、先方に対して催促しづらい事もあります。先方との関係が微妙になる可能性もありますから、言い出しづらい事もあるでしょう。

金融関連の業者への売却は可能

ところで企業が抱えている売掛金は、売却をする事も可能なのです。状況によっては、金融関連の会社に相談してみる手段もあります。

金融関連の会社と言えば、銀行などがそれに該当します。銀行では様々な金融商品を扱っていますが、ファクタリングもあるのです。

ファクタリングは、上述の売上金を売却できるサービスになります。ただし手数料は徴収されるサービスなのです。

例えば売掛金が300万の時には、買い取り金額も300万になる訳ではありません。200万円台などになる事もよくあるのです。

なぜ200万などの数字になるかというと、銀行の利益の問題です。例えば240万で売却できた時には、60万が銀行に対する手数料になります。ファクタリングは、そのようなサービスなのです。

銀行だけではありません。ファクタリングの専門業者もあります。

早さのメリットがあるファクタリング

それでファクタリングには、早さに関するメリットがあるのです。上述のように、売掛金は先方からいつ頃支払われるか分からない事もあります。ですから急いでいる事業者にとっては、それは大変困るのです。

それに対してファクタリングでしたら、比較的速やかに売却できます。先方の都合に合わせますと、数ヶ月ほど待たされる売掛金でも、ファクタリングなら数週間ほどで支払われる事もあるのです。

確かにファクタリングは、手数料を徴収されるデメリットはあります。しかし少しでも早く事業資金を調達したいなら、検討してみると良いでしょう。