ファクタリングによる売掛金の現金化

売掛金が現金になって入金されるまでには時間がかかりますが、ファクタリングを利用すると、売掛金をすぐに現金化することが可能になります。資金繰りが苦しくすぐに現金が必要な時には、売掛金を売却する方法による資金調達をおすすめします。

資金繰りが苦しくなる原因

売掛金が増えてしまうと、当面の資金繰りが悪化することがよくあります。企業にとって売掛金は将来の収益源ですが、売掛金ばかりが増えてしまうとキャッシュフローが悪化してしまい、最悪の場合は黒字倒産を招いてしまいます。キャッシュフローを改善するには、売掛金を減らして現金を増やすことが必要です。

ファクタリングの特長

ファクタリングを簡潔に言うと、売掛債権をファクタリング会社に買い取ってもらうことです。手形割引とよく似ていますが、三社間ファクタリングだと手形割引のような不渡りのリスクはなく、万一、売掛債権が焦げ付いても保証義務は発生しません。また、手形割引は不渡りのリスクがあるため審査が厳しく、保証能力がないと判断されてしまうと融資を断られてしまいます。

ファクタリングは手形割引とは異なり、売掛債権という債権を買い取ってもらう資金調達の方法です。よって、売掛債権が焦げ付いてしまっても保証義務はなく、確実に現金を受け取ることができます。また、ファクタリングは債権買取ですので、会社の信用度よりも売掛債権の信頼性を重視します。そのため、赤字企業や税金を滞納しているような会社でも審査に合格して資金調達をすることが可能です。

売掛金の即日現金化も可能

 

手形割引による資金調達は審査に時間がかかりますが、売掛金を買い取ってもらう方法だと即日現金化も可能です。もちろん、金融機関と継続的に手形割引の取引を行っていると、すぐに手形を割り引いてもらえますが、これから新たに金融機関と手形割引の取引を始める際には、2週間から3週間程度の審査時間が必要になり、必ずしも審査に合格するとは限りません。その点、ファクタリングだと最短でその日のうちに売掛金を現金にすることができますので、急いで現金が必要な場合は大変有利です。

最後に

以上のように、ファクタリングは手形割引よりもスピーディーに資金調達をすることができますが、銀行融資や公的融資等と比べてもスピーディーな資金調達が可能です。また、お金を借りるのではなく、売掛金という債権を買い取ってもらうため返済義務もありません。ノンバンク系のビジネスローンの中には即日融資が可能な場合がありますが、ビジネスローンでお金を借りると将来の返済が大変です。よって、ファクタリングはあらゆる点で非常に有利な資金調達の手法であると言えます。

 

運転資金の借入れの方法

運転資金が枯渇すると企業経営は成り立たなくなり、倒産のリスクが高まります。倒産を回避するためには運転資金を借入れることが必要になりますので、運転資金の借入れの仕方について解説します。

【時間に余裕がない場合】

会社の運転資金が枯渇してしまい時間に余裕がない場合は、とにかく急いで資金を借入れることが必要になってきます。この場合、通常の銀行融資よりも金利は高くなりますが、審査が早い金融機関を選ぶしかありません。ノンバンク系の金融機関のビジネスローンだと審査時間は非常に短く、審査の翌日には融資が可能になります。限度額は最大で500万円から1000万円程度になりますので、とりあえずは当面の運転資金を確保することができます。金利は8.0%から18.0%程度に設定していることが多いですが、金融機関によって金利は異なります。ノンバンク系のビジネスローンは原則無担保・無保証ですので、担保や保証人は不要です。

【時間に余裕がある場合】

運転資金が枯渇していてもまだ時間的に余裕がある場合は、政府系金融機関からの借入れがおすすめです。運転資金の借入れが可能な政府系金融機関には日本政策金融公庫があり、セーフティネット貸付という制度を利用することができます。融資限度額は4800万円ですので、かなりの金額を借りることが可能です。金利は状況によって異なりますが、1%以下の低金利になる場合があり、高い場合でも2%台です。返済期間は最大で8年間ですので、余裕を持って返済することができます。このように、日本政策金融公庫のセーフティネット貸付は有利な条件で運転資金の借入れが可能ですが、銀行並みに審査は厳しく、審査から融資までは時間がかかります。

【ファクタリングによる運転資金の調達】

借入れという方法にこだわらないのであれば、ファクタリングで運転資金を調達することが可能です。ファクタリングとは、会社が保有している売掛金をファクタリング会社に買い取ってもらうことで資金調達をする方法になります。売掛金があれば最短で即日で資金調達をすることが可能で、ファクタリングは借入れではないため金利もかかりません。ただし、ファクタリング会社に所定の手数料を支払うことが必要になります。

【最後に】

以上のように、運転資金を調達する方法には、ノンバンクのビジネスローンや日本政策金融公庫のセーフティネット貸付、ファクタリング等があります。この中ではファクタリングは借入れではないので返済が不要で、即日で資金調達をすることが可能になります。よって、最も有利な条件で運転資金を調達することができますので、売掛金がある会社にはファクタリングによる資金調達をおすすめします。

キャッシュフロー計算書と資金繰り表はどちらも必要?経営リスクに備えるためには

資金繰りを悪化させないための基本は

資金繰りを悪化させないためには、キャッシュフローに気を配る必要があります。キャッシュフロー計算書を作成して資金管理を行う中小企業も多く、指針の一つとして利用が可能です。

特に重要になるのが営業によるキャッシュフローです。ベンチャーなど立ち上げ間もない企業でなければどれだけのお金が出て、どれだけの収益が上がっているかを把握することは基本になります。営業のキャッシュフローの健全化が財務の鍵を握るため、問題がある場合は早急な改善が必要になるのです。

続いて重要になるのが財務活動によるキャッシュフローも重要です。借入の追加や返済の記録になるため、中長期的な視野で考える必要があります。利息を少しでも減らすために前倒しで借入金を返済する、借り換えを検討するなど、積極的な活動でキャッシュフローが改善するケースもあります。

銀行など金融機関と交渉することで金利を減らせるケースもあるため、積極的に交渉を行うのも方法です。

経営が安定している場合は投資活動によるキャッシュフローも大切になります。お金を銀行に預けるだけでは金利がほとんど付かず、退職金などの捻出に支障をきたすケースがあるからです。積極的な投資で収益をあげる企業も存在しますが、資本の許す範囲でなければリスクに直結することもあります。

分散投資でリスクを避けつつ収益化を目指すだけでなく、経営状況に応じてどのように処分するかも含めて考える必要があります。

キャッシュフローの把握だけでは不足がある

キャッシュフロー計算書は経営の状態を把握するための目安になります。業務の効率化などで補える範囲であれば修正も簡単なケースがあります。ムダな慣例を減らすなど、工夫をすれば人件費やそのた費用の節約に繋がることも多いからです。

ただし、人件費をカットすれば簡単に達成できると考えてしまうと、社員のモチベーションの低下などに直結し、かえって効率が悪くなってしまうケースがあります。

効率化を目指し、キャッシュフローを目指すのであれば、どのような影響が及ぶかまで考える必要があるのです。

あわせてチェックしたいのが、お金の出し入れのタイミングです。キャッシュフロー上は黒字であっても、手元資金が不足して黒字倒産する企業も存在します。キャッシュフロー計算書だけでは把握できないことがあるため、資金繰り表をあわせて使う企業が多いのです。

資金繰り表をあわせて使えば資金の出し入れのタイミングが把握できるため、突発的にお金を借りなければならないという事態を避けられます。

お金の借入は使い道の自由度が高く、審査がゆるいほど利息が高まる傾向があります。ビジネス用のクレジットカードなど、手軽借入ができることが経営上のマイナスになっているケースもあります。基本的にお金を借りた場合は利息を余分に支払わなければならないことを意識し、収支のバランスをとることが大切なのです。

キャッシュフローを意識するなら取引先の信用度も重要に

キャッシュフローと資金繰りを意識する場合は、取引先の信用度や依存度も重要になります。新規の取引先獲得に苦労する企業は多く、売上げ拡大を目指す中で取引先の依存度が高くなるケースもあります。ただし、取引先が限定されるほどコスト競争などが発生しにくくなり、かえってマイナスになる場合も出てくるのです。

取引先の経営状態が悪化した場合は、その煽りを受ける可能性もあります。取引先の依存度を下げることや、支払いのタイミングなどの融通がつけられる状態を作ることが重要なのです。思わぬタイミングで出費が発生するケースや、資金のショートが起きる可能性があるため、取引先の信用管理を意識する必要があります。

取引先の経営状態は調査会社に依頼してチェックしてもらうほか、営業に確認するのも方法です。営業担当者は取引先の変化を敏感に感じていることが多く、異変に気付くことも珍しくないからです。取引先を信用するのは美徳である一方で、経営上のリスクになることを意識する必要があります。

キャッシュフローも、資金繰り表も、あくまでお金がしっかりと入ってくることが前提です。前提が崩れてしまえばあらゆる計画がうまくいかなくなる可能性があるため、経営破たんに直結するような依存は行わないようにするべきなのです。

中小企業倒産防止共済に入っていれば一部は取り戻せる可能性がありますが、現金化までのタイムラグなどを考えておく必要もあるのです。

最後に

中小企業はキャッシュフローや資金繰りに余裕がないケースが多く、チェックも後回しになってしまう場合があります。

しかし、冷静に課題を把握し、キャッシュフローを管理することは非常に重要です。キャッシュフローを見直し、借り換えや様々な補助を受ければ経営状態が改善することもあるからです。

その上で取引先との依存度を調整するなど、より健全な経営体質を目指すことが大切なのです。

売掛金を確実に回収すれば会社の資金繰りはうまくいく

会社を経営していると、売り上げ目標にばかり目が行き、売掛金の回収は後回しになっていませんか?

売掛金とは、帳簿上にだけ発生している、未集金の売り上げのことです。法人相手の商売は、現金が販売時点で回収されることはほぼありません。会社を経営していくには、この売掛金をうまく回収してあらかじめ回収不能に陥らないように防御することがとても重要になります。

売掛金を確実に回収できると、会社の資金繰りも上手に管理することができ、安定した会社の経営を行っていくことができます。資金繰りに影響を与えない売掛金の回収のコツを紹介したいと思います。

末入金額をチェックし売掛金をしっかり把握する

得意先ごとに売掛金の発生と回収ができているか必ずチェックし、現時点での未入金額がしっかりとわかるように、繰越金額がある書式などで細かく管理をするようにしましょう。

売り上げ回収を上げるには初期の行動こそ大事

支払い期限になっても売掛金を入金しない場合、ほとんど、時間が経過すればするほど、回収するのが難しくなります。

いつまでも、支払い期限をのばして待っていると、売掛金は消滅時刻があるので、売掛金が消えてしまう場合があるので、十分に気をつけて下さい。

法律上の売掛金の時効は2年なので、支払い期限がすぎたら、できるかぎり早めの支払いの話し合いをし、解決できるように進めていきましょう。

内容証明を使って督促をする方法、メリット

うまく話し合いが進まなかったり、約束した支払いに応じない場合、内容証明を送ることができます。

内容証明は、法的根拠となり、請求書を受けとっていないなどの水かけ輪を回避することができます。

内容証明郵便は、6ケ月間時効をのばすことができ、内容証明によって、相手側が支払いに応じてくれる場合もあります。

売掛金回収をおろそかにしていると、資金繰りが悪化して色々なリスクが発生してきます。これから自分の会社が大きく成長して行った場合、どんどん取引先も増え、売掛金も大きく増えていきます。

売掛金が回収できなくなって困ってから対策をするのでなく、回収で困らないように、売掛金の回収不能のための心がけをしておくことが大切になります。

いきなり貸し倒れになれば、会社の経営に大きく影響を及ぼすので、売掛金の回収について知識をしっかり持っていると、いざ回収ができなくなったとしてもすぐに行動を起こすことができるので安心です。

売掛金を売却して事業資金を速やかに調達

事業資金は、時には不足してしまう事もあります。売掛金が、なかなか入ってこない事もあるからです。先方の都合で、なかなか入金されない事もあるでしょう。

売掛金はすぐに支払われるとは限らない

売掛金とは、何らかの仕事を行った結果、支払われる予定のお金を指します。いつ頃にそのお金が支払われるかは、総じて先方の都合に左右されるのです。

それで先方の状況によっては、必ずしも直ちに入金されるとは限りません。相手側の都合によっては、やや時間がかかる事もあるのです。

早く支払われないのは困る

しかし会社としても、様々な資金調整の問題があります。時にはどこかに対してお金を支払う事もありますから、先方からの支払いが遅くなりますと、少々困ってしまうケースも多々あるのです。

そうかと言って、先方に対して催促しづらい事もあります。先方との関係が微妙になる可能性もありますから、言い出しづらい事もあるでしょう。

金融関連の業者への売却は可能

ところで企業が抱えている売掛金は、売却をする事も可能なのです。状況によっては、金融関連の会社に相談してみる手段もあります。

金融関連の会社と言えば、銀行などがそれに該当します。銀行では様々な金融商品を扱っていますが、ファクタリングもあるのです。

ファクタリングは、上述の売上金を売却できるサービスになります。ただし手数料は徴収されるサービスなのです。

例えば売掛金が300万の時には、買い取り金額も300万になる訳ではありません。200万円台などになる事もよくあるのです。

なぜ200万などの数字になるかというと、銀行の利益の問題です。例えば240万で売却できた時には、60万が銀行に対する手数料になります。ファクタリングは、そのようなサービスなのです。

銀行だけではありません。ファクタリングの専門業者もあります。

早さのメリットがあるファクタリング

それでファクタリングには、早さに関するメリットがあるのです。上述のように、売掛金は先方からいつ頃支払われるか分からない事もあります。ですから急いでいる事業者にとっては、それは大変困るのです。

それに対してファクタリングでしたら、比較的速やかに売却できます。先方の都合に合わせますと、数ヶ月ほど待たされる売掛金でも、ファクタリングなら数週間ほどで支払われる事もあるのです。

確かにファクタリングは、手数料を徴収されるデメリットはあります。しかし少しでも早く事業資金を調達したいなら、検討してみると良いでしょう。

 

事業資金足りないときの資金を集める方法

やっと念願が叶い、いざお店を開業しようとしたけれど、計画していた事業資金より、思った以上にお金の出費がかかり、事業資金が足りなくなったと言う話しをよく耳にします。
すべて自分の自己資金でまかなえるといいのですが、ほとんど、自己資金では間に合わないのが現実です。
では、自己資金が足りない時はどうやって資金を調達したらよいのでしょうか。

◆国や自治体の補助金、助成制度を利用する

政府にあった事業を実施する場合に交付されるのが補助金です。国の政策目標に沿った事業かどうかの審査があり、審査に通った起業家だけがもらえる補助金になります。

助成金は、雇用に関する課題の実現に向けて取り組む事業者に一定の金額を助成する制度です。助成金の特徴は、一定の要件を満たすと助成を受けることができ、あらかじめ助成の金額は決まっていることが多く、助成金も補助金も後払いになります。

◆日本政策金融公庫の新創業融資制度を利用する

日本政策融資制度とは、政府が100%出資する銀行で、様々な特徴があります
起業家への融資に積極的、無担保保証、保証人が不要、融資までの期間がとても早いのが特徴になります。

社会的信用が低い起業家への融資に積極的に取り組んでくれていて、一般の融資に必要な担保も連帯保証人のサインも原則いらないので、とてもありがたい制度です。
自治体の融資では、申込みから2ケ月から長くて半年かかるのですが、日本政策金融公庫の新創業融資制度は比較的早く、1ケ月程度で融資を受けることができます。

◆全国信用保証協会連合会に保証人になってもらい融資をしてもらう

中小企業や個人事業主が金融機関に資金の融資を申し込む時、金融機関はきちんと返済してくれるか不安なので、断ることが多くあります。
そんな時に中小企業や個人事業主におすすめなのは、全国信用保証協会に保証人になってもらう方法です。

信用保証料を支払えば、保証人になってくれて、万が一、融資を受けた側が支払えなくなっても、信用保証会社が立て替えてくれるので、金融機関は安心なのです。

事業資金が足りない時は、まずは補助金や助成制度を受けることができないか検討し、自己資金で足りない時に、国や自治体でバックアップしている公的融資で借り入れをするのが一般的になります。
信用がない開業期は、銀行からの融資は難しいので、公的融資を利用するのがコツになります
せっかく利用できる制度があっても知らないと損をすることになりますので、ウェブサイトなどで積極的に情報を集めておくようにしましょう。